1日じゅうやっててもうまくいかない

究極の目標に迷走してしまう > 株式投資 > 1日じゅうやっててもうまくいかない

1日じゅうやっててもうまくいかない

2014年10月26日(日曜日) テーマ:株式投資

ノートパソコンの画面の前に座り、いつも上がったり下がったりしている為替レートを見てしまうと、何となく取引をせずにはいられなくなるという欲求に影響される方も少なくないだろう。

 

でも、あやふやな思いつきでエントリーすることは絶対に避けてほしい。

 

ご覧の通り、外国為替相場は1日中いつでもどこかで外国為替市場は開かれているし、為替相場も休みなく、変動している。

 

しかしながら、頻繁に売買を積み重ねるとその分だけマイナスになる率が高まってしまう。

 

当たり前ですが、トレードの数を経験することによって、だんだんと利益を上げられる確率が半々になるのは事実です。

 

けれどもこの事は「なんだか分からないインスピレーションでトレード」してしまうこととは別の話です。

 

トレード回数を積むとは自分自身が「ここだ!」と直感した自信を得られた状況での売買回数を増やすという意味である。

 

格段の理由がなく、絶え間なく売買をするのとはかなり違います。

 

外国為替相場の戦いに立ち向かうためには、白分で主体的に緩急をつけることが必要です。

 

「ここがチャンス」と思ったマーケットの時にはいっそ保持ポジションを増やして覚悟を決めて利益を求めます。

 

「分からない市場でどう変化するのか理解できないな」と思った時は、所有ポジションを全部クローズして黙っています。

 

そのくらいの緩急をつけた方が、最後に取引は勝利します。

 

外国為替相場の金言には「休むも相場」というものがある。

 

本当に言葉どおりです。

 

FXとはポジションを所有する事が大切ではなく、何も所有せずじっとしていることも状況によっては、FXです。

 

それならば、どういう時に、休む必要があるのでしょうか。

 

第1に考えられるのが、先述の通り、直近の市場が明確に判断できない時です。

 

現状からどうなるのか判断できない時は考え無しで行動すると、自ら考えたシナリオとは逆の方向に為替相場が推移してしまい、損失を被る事になります。

 

だから、こうした場合はポジションを無くして静観しているのがいいと思います。

 

次に、自身の体調が思わしくない時です。

 

体調と外国為替市場に関係ないと思う方もいるでしょうが実際には大きくつながりがあります。

 

体の調子が変な時は、為替相場の重要なところで落ち着いた決定をする事ができません。

 

気分が進まない時は相場から遠ざかる事も大切な事です。

 



関連記事

考え方は、人それぞれ。

考え方は、人それぞれ。

2014年12月 8日(月曜日)

不倫はあくまで不倫

不倫はあくまで不倫

2014年11月28日(金曜日)

1日じゅうやっててもうまくいかない

1日じゅうやっててもうまくいかない

2014年10月26日(日曜日)

一度の間違えが

一度の間違えが

2014年10月 2日(木曜日)

テスト

テスト

2014年9月23日(火曜日)